« 3000系「西国七福神めぐり」HM | トップページ | 京阪線のダイヤを一部変更 »

2013年1月17日 (木)

川崎重工が「高速鉄道」をロシア・東欧への輸出を検討

どうもhappy01川崎重工業は今月16日、東欧とロシアに東海道・山陽新幹線「700系」をベースとした高速鉄道車両の輸出を検討していることを明らかにしました。

日系鉄道車両メーカーのロシア、東欧への高速鉄道車両の輸出は初めてです。東欧では、ルーマニアとハンガリーの2カ国の間で総延長約900kmの高速鉄道計画があり、2020年から入札が本格化するとみられ、ロシアでも新路線構想があり、こうした計画の実現性や事業採算性などを見極めて、輸出の可否を最終判断するということです。

川崎重工は5月に台湾新幹線700T型を48両、8月にはシンガポールの地下鉄132両を受注しました。ただ長期的に、事業売上高を3千億円まで引き上げる計画を掲げる中、目標を達成するには新市場開拓が欠かせないと見て、ロシア、東欧への輸出を目指すということです。

詳しくはこちらをご覧下さい

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130117/biz13011701150000-n1.htm

« 3000系「西国七福神めぐり」HM | トップページ | 京阪線のダイヤを一部変更 »

新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1779681/48802806

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎重工が「高速鉄道」をロシア・東欧への輸出を検討:

« 3000系「西国七福神めぐり」HM | トップページ | 京阪線のダイヤを一部変更 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ