« 6000系6008F 2013.05.28 | トップページ | 近畿車輛の動き 2013.06.04 »

2013年5月28日 (火)

観光列車「つどい」を導入へ

どうも近鉄は、2000系を改造した観光列車「つどい」を導入し、2013年10月5日から2014年3月30日までの土休日、伊勢市—賢島間で1日2往復運転すると発表しました。

つどい」は3両編成で,各車両の座席スペースには窓向きに腰掛とテーブルが配置され、伊勢市方先頭車には,車内に風が吹きぬけるスペース「風のあそびば」も設置されます。

また、扉部分には、スリットと床面までの大形ガラス、そして中間車にはバーカウンターやテーブルを備えたイベントスペースが設置されます。バーカウンターでは飲料やおつまみの販売が実施されるほか、物販テーブルでは伊勢志摩の特産品も販売されます。賢島方先頭車には,運転台の後ろに「こども運転台」が設置されます。

つどい」の乗車には,乗車券のほか、観光列車料金(大人300円,小児150円)が必要で、特急券発売窓口などで乗車日の1ヵ月前から発売されます。

伊勢志摩への旅も、ますます楽しくなりそうですね。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/kankouressyatsudoi130527.pdf

« 6000系6008F 2013.05.28 | トップページ | 近畿車輛の動き 2013.06.04 »

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光列車「つどい」を導入へ:

« 6000系6008F 2013.05.28 | トップページ | 近畿車輛の動き 2013.06.04 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ