« W7系 2014.06.30 | トップページ | W7系 2014.07.01 »

2014年7月 1日 (火)

2014年鉄道設備投資計画

どうも(^-^)京阪電鉄は先月26日、2014年鉄道設備投資計画を発表しました。

「安全性の向上」「サービスの改善」を柱に約80億円を投資し、新造車両の導入や車両の美装化・バリアフリーも実施する模様です。

「安全性の向上」への投資額は約64億円で、13000系の導入を順調に進めており、今年4月に4両1編成を交野線・宇治線に、5月に7両1編成を本線に導入しました。新たに7両1編成を導入する予定となっています。

「サービスの改善」への投資額は約16億円で、6000系において、最新車両のインテリアをベースに車内の刷新(液晶型車内案内表示器や非常通報装置の設置、内装材の取替え、座席の更新、握り棒の増設など)するほか、車いすスペースやドアチャイムを設置してバリアフリー化にも対応します。今年度は6000系1編成のリニューアルを実施し、2021年度に全編成のリニューアルを終える予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.keihan.co.jp/info/upload/2014-06-26_h26_setsubi.pdf

« W7系 2014.06.30 | トップページ | W7系 2014.07.01 »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

コメント

6000系については機器の更新にも触れられていますが
VVVF改造とかもあるのか気になりますね。
結構長い間入場しているので。

えびちゃんさん、こんばんは(^-^)
6000系ですが、VVVFの改造車になるかどうか、そしてヘッドライトのLED化になるかどうか私にもわかりません・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1779681/56666161

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年鉄道設備投資計画:

« W7系 2014.06.30 | トップページ | W7系 2014.07.01 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ