« 大津線全車両のカラーデザインを変更 | トップページ | 近畿車輛の動き 2017.03.21 »

2017年3月19日 (日)

阪急がなにわ筋線に乗り入れ

どうもhappy01大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄の5者は今月16日、大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意しました。
2030年の開通を目指します。建設構想の浮上から約30年を経て、なにわ筋線計画が新たな形で決着します。関西国際空港と大阪都心の所要時間が大幅に短縮できるだけでなく、各社の乗り入れで乗客の利便性が高まると期待されます。

なにわ筋線は、JR大阪駅近くの再開発地区「うめきた」でJR西が建設中の地下新駅から、難波付近までを結びます。その後、それぞれの路線に接続し、関空に至る計画です。梅田―関空の所要時間は現在の約1時間から最速40分以下に短縮します。

大筋合意した新計画は、うめきた新駅までの鉄道免許を南海が取得し、JR西、南海の両社は、新大阪―関空間を共同運行する。阪急は十三に地下新駅を建設し、うめきた新駅との間に新路線を敷いてなにわ筋線に乗り入れます。

阪急電鉄は、JR西、南海より広いレール幅を持っていますが、建設する十三~うめきた新駅をつなぐ新線の軌道はJR西、南海と同じ幅とし、専用の車両を新たに開発する見込みです。

詳しくはこちらを。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170316-OYT1T50111.html

« 大津線全車両のカラーデザインを変更 | トップページ | 近畿車輛の動き 2017.03.21 »

阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1779681/69970999

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急がなにわ筋線に乗り入れ:

« 大津線全車両のカラーデザインを変更 | トップページ | 近畿車輛の動き 2017.03.21 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ