« 近畿車輛の動き 2017.09.26 | トップページ | 東武70000系とドーハメトロ 2017.10.05 »

2017年10月 3日 (火)

323系 2017.10.03

どうも本日の近畿車輛の動きですが、323系LS11編成が遂に完成しました。

323系LS11編成

Img_5771

« 近畿車輛の動き 2017.09.26 | トップページ | 東武70000系とドーハメトロ 2017.10.05 »

近畿車輛」カテゴリの記事

コメント

と言われて、納得できるかどうかという事です 当時のモデルはその機能的なデザインから、ジン特有の性格が前面に押し出されたものであり、今日ならひと目で分かるベル&ロスならではのデザインコードはまだ生まれていなかった。
当時のモデルはその機能的なデザインから、ジン特有の性格が前面に押し出されたものであり、今日ならひと目で分かるベル&ロスならではのデザインコードはまだ生まれていなかった。
さりげなく配された赤もミリタリーテイストを高めており、かつて本当にこういう軍用クロノがあったかと錯覚するほど。
表面に加工を施したディープグレーダイヤルの配色をNATOストラップのストライプパターンにも適用し、統一感を持たせた。
バリスティックナイロンベルトとホーウィンレザーベルトが付属し、気分によって簡単に付け替えられる。
丸で囲んだアンパサンドの左右に両氏のファミリーネームの一部が配されたロゴは当時より変わっておらず、丸の部分を文字盤に見立てると腕時計を上から見たような印象を与える。
長年の交友関係にあったブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス︲アントニオ・ロシロ氏がパリで自分たちのブランドを立ち上げるべく手を組んだのは、1992年のことである。
ロレックスのファミリーブランドにして、昨年日本上陸を果たしたチューダーは、カジュアルな装飾表現に積極的。
1990年代に製造していたルミノックスの初期モデルを、創業30周年の節目に復刻。
「ゴールデン ヘリテージ」というネーミングは、ゴールドプレート仕上げの針とインデックスを示唆するだけでなく、古い時代のコックピットの計器類という、この時計を貫くコンセプトも顕示している。
ミリタリーウォッチに多く見られる引き通し式のファブリック製ストラップ、通称NATOベルトが今、時計界を席巻している。
今回、テスト機として選んだのは、このモデルである。
にもかかわらず、ベル&ロスがブランド創設以来、航空機や軍用機といったテーマにこだわり続けるのはなぜか。
そのスタンスを体現しているのが、数多く展開されるファブリック製ストラップを採用するモデル。
なお、ストラップは伸縮性のあるキャンバスを使用するためどんな手首にも心地よくフィット。
伸縮性のあるERIKA社製キャンバスストラップは、本作のために製作されたもので、心地良く腕元にフィットする。
だが、この時計はフランクフルトを拠点とする計器時計のスペシャリスト、ジンが製作したものだった。
デザインは好みがありますが、ベルロスの時計にデザインの上で、特別秀でたものを私個人は感じません。

偽物ブランド時計 https://www.yutee007.com/protype/list-201.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 323系 2017.10.03:

« 近畿車輛の動き 2017.09.26 | トップページ | 東武70000系とドーハメトロ 2017.10.05 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ