JR東海

2017年6月29日 (木)

N700Sのデザイン決定‼︎

どうもhappy01 JR東海は6月28日、2020年度の営業投入を計画する次世代新幹線「N700S」のデザインを決定したと発表しました。先頭車両はN700系をベースに空力性能を高めたほか、新幹線で初めてLEDライトを採用します。
先頭車両は、左右再度にエッジを建てた「デュアル スプリーム ウィング」形状を採用。走行風を整流し、微気圧波や車外騒音、走行抵抗、最後尾車の揺れを低減し、環境性能も高めます。

前照灯にはLEDライトを採用します。先頭形状を生かし、拡大することで照射範囲も広げており、視認性を向上しているそうです。

東海道新幹線のシンボルである白地に青帯を踏襲しつつ、先頭部には「Supreme」を表す「S」のデザインをあしらっています。

インテリアでは、柔らかな曲面を採用することでくつろげる空間を演出。LED間接照明により、室内照度を均一化するほか、停車駅に近づくと荷棚の照度を上げ、荷物への注意を促します。グリーン車、普通車とも全座席に電源コンセントを設けます。

N700Sは、2007年に運転を開始したN700系をフルモデルチェンジする次世代新幹線で、決定デザインに基づく確認試験車を18年3月に完成、量産車を20年度に投入する計画です。

詳しくはこちらを。

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034313.pdf

2017年6月 7日 (水)

新型ハイブリッド特急気動車も導入へ‼︎

どうもhappy01JR東海は本日、新型ハイブリッド特急気動車を新造すると発表しました。
同社が現在特急「ひだ」「南紀」に使用している85系気動車の取替えを見据えた新規開発となり、エンジンで発電した電力とブレーキ時にバッテリーに貯めた電力を組み合わせてモーターを駆動するハイブリッド車両です。これまでの気動車特有のギアチェンジが解消され乗り心地が向上するほか、エネルギー回生により燃費が約15%改善すると見込まれます。
試験走行車として1編成4両を製作、2019年度末完成を予定しており、1年間を目途に基本性能試験や長期耐久試験を実施します。量産車は2022年度を目標に投入する方向で検討を進めています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034155.pdf

2016年6月29日 (水)

新幹線車両「N700A」を受注

どうも(^-^)日本車両は今月27日、JR東海の新幹線車両「N700A」14編成(224両)を受注したと発表しました。

受注額は非公表ですが、2016年度に1編成(16編成)、17年度に6編成(96両)、18年度に5編成(80両)、19年度に2編成(32両)をそれぞれ納入します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.n-sharyo.co.jp/topics/tp160627.pdf

2016年6月24日 (金)

新型新幹線「N700S」を投入へ!!

どうも(^-^)JR東海は本日、東海道新幹線に新型車両「N700S」を投入すると発表しました。

新型車両「N700S」は現行の「N700系」をフルモデルチェンジしたもので、2020年ごろから運行を始め、134編成ある現車両の2割(28編成)を占める「700系」は引退させる予定です。

モーターを動かす駆動システムには、東芝、日立製作所、富士電機、三菱電機と共同開発した炭化ケイ素(SiC)素子の次世代半導体を搭載して軽量化し、エネルギー消費と運行コストを低減します。

先頭車の形状は「N700系」を踏襲しつつ、三次元形状を考慮したシミュレーション技術を活用して進化させた「デュアルスプリームウィング形」を採用します。

投資額は1000億円を超える見通しです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000030982.pdf

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ